遺産を分けるときの合意の文書とは

事情にあった形式で、手続きに必要な文書を作成することが出来るといいです。

遺産分割協議書はよく知られてきているかと思います。
他にはどんな形式があるのでしょうか。

“遺産を分けるときの合意の文書とは” の詳細は »

相続できる人を戸籍から確認しましょう

誰が財産を承継するのかは、書類において証明を行う必要があります。

亡くなられた方のことを被相続人。
その財産を受け継ぐ方を相続人といいます。
では相続人とはどのように決まるのでしょうか。


“相続できる人を戸籍から確認しましょう” の詳細は »

秋らしい季節になってきましたよ

四季の中でも秋はとても良い季節だと思います。長男は秋の運動会がありました。

朝晩と過ごしやすい季節になりました。
日中の暑さや台風など本当に10月?と思う部分もありますが、
秋を感じる季節となってきています。


“秋らしい季節になってきましたよ” の詳細は »

残された財産をスムーズに受け取る為に

亡くなった方の意向がわかると物事を進めていく上でスムーズかもしれません。

世の中様々な人がいます。
性格や考え方、趣味嗜好だけではなく、年齢、性別、環境と
あげればきりがありません。
なので相続手続きも人により、考える事、必要な事が異なります。
“残された財産をスムーズに受け取る為に” の詳細は »

先夫と愛人との間に子がいる時の相続

妻が先夫との間と愛人との間に子がある場合の相続

正式に婚姻し子を設けたが、夫に先立たれ、新しく付き合い始めた男性との間に子供ができたが、そのまま籍を入れることなく同棲していた時に妻が死亡してしまった場合、その遺産は誰が相続どれだけ相続することになるのでしょうか。
“先夫と愛人との間に子がいる時の相続” の詳細は »

妻と子と相続放棄した子がいた場合

妻と子の相続において、相続放棄をした子を含む相続分について

相続放棄とは、相続人となり得る権利を自らの意思で放棄することを言います。相続が発生した時、この相続放棄した人は初めから相続人としてはいなかったものとして扱われます。
“妻と子と相続放棄した子がいた場合” の詳細は »

パターンが決まっているのが相続欠格と廃除です

相続の欠格と廃除の理由や遺言による指定と廃除の違いはしっておきたい。

人は誰でも相続人になる資格が有ります。その範囲は胎児にまで及びます。相続法では、胎児も既に産まれている子と同様に取り扱われるのです。但し、その胎児が死産の場合は、初めからいなかったものとして取り扱われます。
“パターンが決まっているのが相続欠格と廃除です” の詳細は »

配偶者に認められている非課税の枠がある

配偶者に対する優遇措置、配偶者非課税枠とはを遺産分割の観点から述べる

相続税では、残された配偶者の生活の安定や、夫婦で協力して財産を築き上げてきたことなどを考え、配偶者に対する相続税の控除があります。
“配偶者に認められている非課税の枠がある” の詳細は »

負担を少なくする為の贈与の契約書と申告

生前贈与と相続時精算課税制度について多種多様な角度から解説

相続時精算課税制度により、生前贈与における非課税枠が2,500万円、住宅取得資金等であれば、3,500万円以下となり、生前贈与がしやすくなりました。
では、実際にどのようにすればよいのでしょうか。
贈与するにあたり、口頭で約束を交わしても問題はないのですが、後々何らかのトラブルとならないよう、贈与契約書を作成しましょう。
記載事項としては、金銭の贈与であればその金額と日付(手渡しであればその贈与日、銀行振込などであればその振込実行日)、銀行口座なども記載します。株式などの有価証券であれば銘柄や株数の記載を明記し、名義の変更手続きを行います。不動産の贈与であれば物件の表示(謄本などで確認)を記載。所有権移転登記を行います。この不動産に住宅ローンなどがある場合は、金融機関との手続きも必要です。
“負担を少なくする為の贈与の契約書と申告” の詳細は »